スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学3年生の家庭学習に、くもんの理科・社会集中学習を取り入れてみました。

息子の小学校では毎日の宿題+ノートへの家庭学習が義務付けられていますが、我が家ではノート1ページとドリルやプリントでの学習にも取り組んでいます。常日頃感じていましたが国語や算数はドリル等充実しているのに、理科や社会って良さそうなものを探すのがなかなか難しいんですよね。
そこで検索してみた結果、くもんの理科と社会が良いらしい、とのこと。我が家も早速取り入れてみました。

2回分で一つの内容を学習、無理なくステップアップ出来る!


4774318736

知っているかどうかを試すのではなく、問題を解きながら覚え、理解していく問題集。理科で学習する内容を学習要素ごとにこまかく分け、4ページ(2回分)で1つの内容を学習。こまかいステップによってにがてな分野の内容もやさしい基礎からしっかり理解できる。


見開きの書き込みタイプ。軽いテストのような感じです。
教科書に添った内容で徐々にステップアップしていくので、無理なく進められます。

理科と社会の1年間の復習に、くもんの集中学習で対策を


始めるのが少し遅くなってしまいましたが、漢検も終わったことですし3学期から春休みの期間に、理科・社会を共に一学年分終わらせようと計画を立てました。見開きの分量としては決して多くはないので飽きずに続けられると思います。もちろん毎日の復習に、夏休み期間中のドリルとしてもいいですね。

くもんの理科集中学習小学3年生 [単行本]


くもんの理科集中学習小学3年生

くもんの理科集中学習小学3年生

  • 作者:
  • 出版社:くもん出版
  • 発売日: 2011-02


くもんの社会集中学習小学3・4年生 上 [単行本]




進級するにつれてますます難しくなっていきますので、一年分の理科と社会をしっかりと復習し、次の学年に向かっていけたらいいのではないかな。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。