男の子の部屋にいいかも!100均の色画用紙で超簡単に星のガーランドを作ってみました。

レゴも飾れるほどデカくてお邪魔なブラウン管テレビの上の気になる空きスペースに、以前から作ってみたい、と思っていた黒い星のガーランドを飾ってみましたよ♪大雪で外に出られなかったという事もあり、大量ですw

星のガーランド

デッドスペースに、星のガーランドを手作りしてみよう!


ここのスペース、どうも気になっているんですよね。テレビが無駄にデカイということによる、コーナーにぽっかりと空いた壁。今まではフレンステッド・モビールやレゴスターウォーズの惑星をぶら下げていましたが、イメチェンです。これから更に絵やポスターを数枚プリントして飾りたいな、と目論んでいます。

さてさて、肝心の星のガーランドの作り方です。

星のガーランド、用意するもの、作り方


用意する物はコチラ。100均ならほぼ間違いなく購入できる、色画用紙です。今回はノーマルな黒と、同じく100均で銀色の、少し厚手の紙を用意しました。そして飾り紐、はさみ、型紙。

100均の色画用紙

型紙はこちらから簡単にダウンロード出来ます。※リンク先が変更か削除になった可能性があります。

Free Printable Star Patternで検索すると、無料でダウンロードできるサイトが見つかると思います。

コピー用紙でプリントした場合は切り抜いて厚紙に写します。これを色画用紙に鉛筆などでなぞっていきま~す。管理人は色画用紙2枚分、中位の大きさの星型でチャレンジ。星のクッキー型でも出来ますよね。

鉛筆でなぞる星のガーランド

あとは地道にハサミでカット、太めの穴の針で無理矢理糸を通していきました。糸は全て繋がるようにしてます。簡単で見栄えがするのでいいですね。

星のガーランド作り

線を引いて折り、立体の星にすると雰囲気が変わって豪華に見えます。


大きい星型は立体になるよう折ってみると雰囲気が変わりますね。星の各頂点、そして頂点と頂点の間からから中央に向かって定規で線を引いていくわけです。全て折ってみれば分かるかな。
これは5つ作って壁の空きスペースにマスキングテープでくっ付けています。

立体にする星のガーランド

基本的に簡単なものしか作りませんが、超が付くほど簡単ですよ。

銀色の星のガーランド

黒の画用紙よりも銀色の紙が折りやすかったようで、息子も手伝ってくれてたくさん出来上がりました。クリスマスに良さそうではないですか?ぜひお試しあれ!
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する