この本でキミも憧れのスパイに?ヘレイン・ベッカー著「スパイ図鑑」が面白い!

男の子の憧れ、ニンジャにスパイ。我が家の小3の息子も大好きです。忍者図鑑を読み終えた後に購入したばかりですがこれが大当たり!早速息子のバイブルになりつつあります。

ヘレイン ベッカー著 高畠那生絵「スパイ図鑑」ブロンズ新社


スパイ図鑑

スパイ図鑑

  • 作者:ヘレイン ベッカー
  • 出版社:ブロンズ新社
  • 発売日: 2009-05

スパイ本部の仕組みとスパイ用語、変装テクニックとコードネーム、暗号作成術と解読術―基礎から上級まで、スパイ同士のコンタクト、ウソを見破るワザ。一流スパイになるための極秘訓練マニュアル。


スパイスクール入学試験(適正テスト)から始まり、スパイ用語などの基礎知識の習得、スパイになるためのミッション。そしてお題に合ったチャレンジを重ねていくことで徐々に憧れのスパイに近付いていく・・・。
危険物撤去(チャレンジあり!)、隠された盗聴器を素早く外すミッション(用意するもの、盗聴器一個!)後ろが見えるサングラス(息子作る気満々)などなど、どれもこれも試さずにはいられないっ!
語り口もまるでミッションを与える司令官のよう。スパイ訓練生への終了証も気分が上がります。そして高畠那生さんのイラストも楽しい。同じくブロンズ新社の忍者図鑑と比較すると文字も大きく、ぐっと読みやすく感じます。

スパイに興味のある男の子なら、間違いなくはまれる本ではないかな。おすすめです♪
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する