とけいのほん1・2 時計絵本の決定版

とけい

ついに。 この絵本、購入しました。
ずいぶんと長いこと、息子の「いまなんじ?」という質問と格闘(?)してきたように思えます。

時計の木のおもちゃを買ったのは1~2才頃でした。
大好きなきかんしゃトーマスのトーマスくんいまなんじ?―きかんしゃトーマスととけいであそぼう
という本も、それは長いこと読んできたと思います。

今いったい何時なのか?

それはずっと以前から息子が知りたい事の一つであり、親の説明ではさっぱり理解出来ない事の一つだったと思われます。

長い針が12で短い針が7ならば7時、という事は理解出来てはいたのですが
~時半、5分10分15分などはなかなか覚えられなかった我が息子。

それをこの2冊の絵本がきれいさっぱりと解決してくれたようです。
こんな楽ちんな方法があるのなら、もっと早くに読んでおきたかった~ !

まついのりこの とけいのほん、全2冊



この2冊、 時計絵本の決定版、と言わせていただいてよろしいでしょうか・・・



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する