五味太郎さんの「ことわざ絵本」はやっぱり面白い!

ことわざはカルタ遊びで覚えたりしますけど、やはり本があるといいですよね。この五味太郎さんのことわざ絵本、試しに購入しておいたのですが息子にとっても好評でしたよ。

ことわざ絵本表紙

1つのことわざに対し見開きで、ことわざと楽しいイラストが


1つのことわざに対し見開きで右ページにはことわざ、そして意味が、左のページにはそのことわざに当てはまる五味さん流のお言葉が書かれています。もちろんイラストと共に。これが風刺が効いているというか、なんかちょっと面白おかしい、でも、そうかぁ~なるほど~!という感じ。

ことわざ絵本中身

息子と母が思わず笑ってしまったのが「飼い犬に手を噛まれる」。

長いこと可愛がってきたつもりの飼い犬にガブリと噛まれる。
つまり裏切られる、という意味ですが、これが五味太郎さんの手にかかりますと・・・

「ロボットの逆襲」、となります。

などなど。どれも五味太郎さんの技が効いています。読み聞かせにもいいかもしれませんね。もちろんお子さんが自分で読むのもいいでしょう。絵本、というだけあって堅苦しくなく、すんなりとことわざに親しめる本、ではないかな。さっそく続編も読みたい、と息子にも催促されているところです。

小学生にぴったり!五味太郎さんのことわざ絵本


<内容紹介>
20年にわたり売れ続けるロングセラー・ことわざ絵本!ことわざが、スラスラ覚えられると、小学生に口コミでひろまっています。
ひとつのことわざを1見開きで構成。右が従来通りの絵と解説、左が五味太郎の創作した面白ことわざになっているので、両方見比べながら読むとおもしろさ倍増!目とあたまからスルッと覚えられる楽しいことわざ絵本です。たとえば、「藪をつついて、蛇を出す」⇒「思いがけなく、大掃除」。その意味とは!?ことわざを100項目収録。


パート2はこちら。

ことわざ辞典もそのうち欲しいと思ってます。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する