ことばのこばこ 和田誠

ことば1

読み聞かせに丁度いいかどうか?
どちらかというと子供と一緒に楽しむ絵本、という感じですね。
和田誠さんの「ことばのこばこ」は楽しい言葉遊びにあふれた本です。

この本も以前から我が家にあった本です。

息子のお気に入りはこれ。

いおんのうちですがすばんこーどかけてうそくつけて

ら・り・る・れ・ろが入ってるんですね~。

このシチュエーションがお気に入りで、
コレを読むと息子はリスさんとライオンさんの空想の世界へと旅立ちます。

(ママがライオンで息子がリス役・・・・お~い帰ってこ~い~)

ほんとによく考えたな~と思うものがたくさん。

ことば2

隠し言葉やしりとりに早口言葉。
同音異義語に積み上げ言葉。

ナンセンス&ユーモアに溢れた言葉遊びとイラストが小さい子供でも楽しんで見ることが出来ます。
息子に良く読んでいたのは3~4才頃ですね。

「てんてんがあると違う言葉になる~」(すずめよすすめ)とか

「字が同じなのに意味が違う~」(鮭をのむ)とか。

この本がさりげな~く教えてくれました。

そのかいあってか?
我が家の息子は大のしりとり好きです。

我が家の本棚の中でも特に大きめの絵本です。





関連記事

Comment

  • 2010/07/13 (Tue) 21:16
    # -
    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/07/14 (Wed) 05:51
    さなぼーん #- - URL

    はじめまして。
    「ことばのこばこ」わたしのお気に入りなので、コメントさせてもらいました。
    和田誠さんの絵が好きで、どうしても欲しくなった1冊です。
    4才のむすこは今でこそ自分で読めますが、
    小さい頃「これ読んで~」と持ってこられたら、ちょっと困る本でした^^;
    ほかにも素敵な本がたくさん紹介されていますね。
    結構ツボです。
    また見せてもらいます。

  • 2010/07/14 (Wed) 11:56
    lmoon #- - URL
    Re: タイトルなし

    さなぼーんさん

    コメントありがとうございます!
    4才のお子様とママのお気に入りなんですね!
    確かに、困るお気持ち、よ~くわかります。
    大きい本ですしね。
    我が家は最初から最後まできっちり読むのではなく
    見たい所を好きな順番で読んでました。

    型にはまらなくていい自由な本、
    宝箱のような感じの本じゃないかな~と思いました。
    「ことばのこばこ」ですしね!

    またいらしてくださいね。
    お待ちしてます。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する