スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールキン・サンタクロースからの手紙

DSCN0553.jpg

あったかいココアでも飲みながら、読みたい本が出てきました♪
我が家の段ボール箱の中から・・・。

指輪物語の作者、J・R・R・トールキンが4人の息子さんのためにサンタに成り代わって送った手紙です。

sanntano.jpg

トールキンパパサンタは1920年から20年以上、クリスマスごとに絶えることなく息子たちに手紙を送りました。

その手紙はサンタの訪ねてきた翌朝、家の中から見つかったり、封筒に雪のシミが付いていたり、北極の切手が貼ってあったり・・・
時には郵便屋さんが持ってくることもありました。
子どもたちがサンタさんに宛てた手紙は、知らぬ間に暖炉の上からなくなっていました。

究極です。トールキンさん。
サンタさんから毎年届くお手紙を、子供たちはどんなに心待ちにしていたんでしょうね。

DSCN0554.jpg

子供にはサンタさんの存在をいつまでも信じていてもらいたい。
幸い息子はまだ信じています。

幼稚園にサンタさんが来る!という日、いつものように幼稚園に迎えに行くと彼はとてもがっかりしていました。

「サンタさんはオレが頼んだプレゼントと違う物を持ってきたんだよ!」

母である私も・・・家族でのクリスマスパーティーの夜、

「今玄関を誰かノックしたよ? 見に行ってきてごらん」
「誰もいないよ~?」(私と妹)

そのやりとりを数回。はっと気付くと、玄関の足下にプレゼントがありました。
そんなトラップに無事引っかかって、私たち姉妹は長いことサンタを信じてました。

トールキンパパのようにはいかなくても、今年はサンタさんからお手紙が来るように早めに手を打たなければ!

サンタさんから手紙をもらうなら?


まだ間に合う物をいくつか・・・

サンタクロースからの手紙 新規申込
フィンランドから届くサンタ・クロースからの手紙


トールキンのサンタクロースからの手紙


私の所有しているのは古いタイプのもので、現在のものとは異なるようです。

絵本版で採録されていなかった1920年から1924年までの5年分、1939年から1943年までの4年分が新たに加えられ前回は割愛されていた部分を含め、手紙の全文が紹介されています。





関連記事

Comment

  • 2010/11/15 (Mon) 01:32
    ずん #- - URL

    懐かしい^^
    サンタへの手紙、出して返事もらったことありますー!
    フィンランドだったかスゥエーデンだったか忘れちゃったけど。。。
    英語に日本語訳がついていて、そこは印刷で、サインだけ手書きの手紙でした。
    それが結構残念だったのを覚えてます・・・今はどうなのかな?

    ご紹介されている本は知らないのですが、とても面白そうで読んでみたいです!
    外国の家族サービスは気合入ってるなぁ。。。^^

  • 2010/11/15 (Mon) 09:30
    lmoon #- - URL
    ずんさんへ

    こんにちは!

    ずんさんはご自分でお手紙を書いたんですね♪

    お手紙は残念ながら印刷みたいですよ~
    さすがに全部手書きってわけにはいかないんでしょうね~
    サンタさん大忙しだろうし....

    トールキンさんのように、気合いを入れないといけないってことかしら?
    間もなく12月、クリスマスが近づいてきましたね~!

    ずんさん、コメントありがとうございました~☆

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。