スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロードのうさぎ

ビロード1

去年の息子の誕生日に父から贈られたビロードのうさぎです。

実は酒井駒子さんという方の絵本を好んで選んだことはなく、初めての酒井さんの絵本ということになりました。
5才の息子には正直早いかな、という感じで読んであげたのですが1度読んだきり、もう読まない。
と言われてしまったいわくつき(?)絵本でもあります。

そして6才を迎え、息子の方からめずらしく夜の読み聞かせタイムに持ってきました。
読み終わった後、息子は沈黙し、何だかこらえているように見えました。
そして大きな溜息を一つ。
(ママもこういう動物のお話、小さい頃から泣けてしょうがなかったな~元はぬいぐるみのうさぎさんだけど。)

お話の内容は・・・ぜひ手にとっていただきたいと思います。
子供の胸にも、もちろん大人にも、何か心に響くものがあるはずです。

ビロード3

ごんぎつねとか、日本昔話とか見て泣いたっけな~小さい頃。
タイトルは忘れちゃったけど、黒い猫の物語で凄く悲しいのがあって、
小学校の読書の時間に泣いちゃった記憶があります(遠い目・・・)

ママは最近涙腺崩壊中です。(そんなお年頃かしら?)

今日は幼稚園で毎月1度開催されるお誕生会のイベントがありました。

お誕生月の子が、好きな食べ物や好きな動物などをマイクで発表していきます。
ほとんどの子どもたちが好きな動物に うさぎと答えていましたが息子は、猫!(ママ似ね。)

息子には動物を大切に思う子になってほしいなぁ。

[photo29112283]image

これは父の描いたイラストです。
私の父は毎年贈ってくれる絵本にイラストを添えてくれます。
小さい頃から絵を描いている父を見て育ちました。
私はその道には進まなかったけど・・・
父は今も現役で活躍しています。
そのうち父のことを書いたりして。



涙腺が崩壊した理由にもう一つ、
『萌の朱雀』『殯の森』の河瀬直美監督の最新作のドキュメンタリー映画の予告編。
産まれたばかりの赤ちゃんをおそるおそる触れるお母さんの手を見たら、
自分もそうだったな、と出産の瞬間を思いました。

ドキュメンタリー映画 玄牝(げんぴん) 予告編


関連記事

Comment

  • 2010/09/29 (Wed) 20:26
    kotokotkoto #- - URL
    動画感動!!

    動画、すぐに引き込まれて、感動しました。
    それから、アップできて良かったです(^^)/
    絵本も気になるので、メモしておきますね~。

  • 2010/09/29 (Wed) 22:25
    houkisou #- - URL
    No title

    Imoonさん、こんばんは(*^^*)
    ビロードのうさぎ、私も「よるくま」の紹介の後にすぐ衝動買いしちゃたの。凄く綺麗なイラストですよね^^*
    それにしてもお父様素敵ですね!もしや画家さん・・・?またいつか記事になるのを楽しみに待ってます^^*
    ↓過去記事のコメ返信拝見しました♪うちも息子のランドセルは土屋鞄のです!頑丈でいいです☆特別仕様のが水色ステッチで、そこが可愛いくてお気に入り♪息子さんも好みのものに出会えますように*^^*
    色々これから楽しみですね♪

  • 2010/09/29 (Wed) 22:50
    mani #- - URL
    No title

    私の母も読みきかせをしてくれましたが
    時々読みながら1人で泣いていました。
    そして今は私も“涙腺崩壊中”ですi-239
    自分が泣きそうな本は息子に読み聞かせるのはちょっと勇気がなくて・・・。

  • 2010/09/30 (Thu) 00:04
    ずん #- - URL
    わぁ~

    「ビロードのうさぎ」、大好きな絵本です^^
    大人になってから知ったので、いいお話だなぁと思いましたが、子供の頃に読んでいたらきっともっと違う感想を持ったかもしれません。

    本って、出会う時の自分の状態で受け取り方が変わってくるんですよね。
    いい本に、いいタイミングで出会いたいし、子供にもいい出会いの機会を作ってあげたいなって思います。

    でも今うちの子は絵本拒否orz
    めくりたがるばっかりで、じっくり聞く体勢になってくれません。。。なかなか難しいです^^;

  • 2010/09/30 (Thu) 01:22
    ぷか #- - URL
    ばんは

    とっても素敵なお父様ですね。

    手描きのイラストから、温かい愛が伝わってきました。
    ほっこりしました。

  • 2010/09/30 (Thu) 06:46
    LINNEY  #- - URL
    出産

    私もここで、出産したいと思った時期がありました。。。

  • 2010/09/30 (Thu) 06:53
    lmoon #- - URL
    Re: kotokotkoto さんへ

    観ていただいたようで嬉しいです。
    なんか出産って感動的ですよね。
    それに美しい。
    絵本はお薦めですが、涙腺崩壊注意ですよ~。
    kotokotkoto さん、いつもありがとうございます♪

  • 2010/09/30 (Thu) 06:59
    lmoon #- - URL
    Re: houkisou さんへ

    houkisou さん、ようこそ~☆
    うん、ほんとに日本の絵本じゃない雰囲気の絵を描く方ですよね。
    最初見たときは外国の絵本かと思いましたから。
    よるくまも興味あります♪
    そう、父は絵描きですが、本業はアニメーション関係の仕事をしています。
    いつか気まぐれで書くかもしれません...

    >うちも息子のランドセルは土屋鞄のです!
    頑丈でいいです☆特別仕様のが水色ステッチで、そこが可愛いくてお気に入り♪
    息子さんも好みのものに出会えますように*^^*

    あら~、やっぱり~♪
    人気ですね~
    可愛いですもの。
    中の布が可愛いのとか色々選べてこれから楽しみ、かもしれません~
    (そろそろ考えないとダメね~)
    houkisou さん、今日もコメントありがとうございます~☆

  • 2010/09/30 (Thu) 07:06
    lmoon #- - URL
    Re: maniさんへ

    maniさんへ。ようこそ~♪

    > 私の母も読みきかせをしてくれましたが
    > 時々読みながら1人で泣いていました。

    お母さまの気持ち、分かります~...
    テレビとかでもやたら泣けちゃったりして。

    > そして今は私も“涙腺崩壊中”ですi-239

    仲間がいた~

    > 自分が泣きそうな本は息子に読み聞かせるのはちょっと勇気がなくて・・・。

    私もあまり自信がないです~
    まだまだ修行が足りないのでしょうか~
    かわいそうなぞうとか、無理。

    maniさんいつもあたたかいコメントありがとうございます♪

  • 2010/09/30 (Thu) 07:17
    lmoon #- - URL
    Re: ずんさんへ

    ずんさんようこそ~
    > 「ビロードのうさぎ」、大好きな絵本です^^

    ずんさんのお好きな絵本だったのですねえ。

    > 本って、出会う時の自分の状態で受け取り方が変わってくるんですよね。
    > いい本に、いいタイミングで出会いたいし、子供にもいい出会いの機会を作ってあげたいなって思います。

    まったく同感です!
    いいタイミングってとっても大事だし、外したくないですね。
    ある程度、大人も知識がないと出来ないんですよね。
    私もまだまだです....

    > でも今うちの子は絵本拒否orz
    > めくりたがるばっかりで、じっくり聞く体勢になってくれません。。。なかなか難しいです^^;

    そういう時期...かな?
    今はじっとしてるより動きたいのかな。

    うちはよく擬音語とか擬態語なんかの言葉が面白い絵本とか
    タイトルが思い出せないんだけど(もうあげちゃって)
    動物のいろんな顔が開く度に出てくる絵本で、
    最後は鏡のようなフィルムが貼ってあって、オチは
    あなたの目!!!と映して遊ぶ本とかよく読んでたかも....
    参考になるかはわかりませんが...

    ずんさん、コメントありがとうございます♪

  • 2010/09/30 (Thu) 07:20
    lmoon #- - URL
    Re: ぷかさんへ

    ぷかさん、ようこそ~

    ほっこりしていただけたようで、
    嬉しいです~。
    父も見てたら喜ぶと思います☆

    絵本選びは父にだいぶ助けられてるのかな~?

    ぷかさん、コメントありがとうございました♪
    またお待ちしてますね。私も遊びに行きます!

  • 2010/09/30 (Thu) 07:24
    lmoon #- - URL
    Re: LINNEYさんへ

    LINNEYさん、ようこそ!

    > 私もここで、出産したいと思った時期がありました。。。

    そうだったんですね。
    ここの事は知ってはいましたが、映画になっていたというのは知らなかったので
    衝撃でした。
    海外でも高評価らしいですね。
    見てみたいと思ってます。

    LINNEYさん、今日もありがとうございます☆

  • 2010/09/30 (Thu) 09:07
    とびはねぎ #- - URL
    おー。

    Imoonさんのブログのセンスのよさは、お父様ゆずりなんですねー。

    酒井駒子さん、すきです。
    でも、大人が好きな絵なのかなとも思ったり。

    吉村先生の所は、うちの母の実家の近くなんですよね。
    本とか見ると、すごくいいなあと思いますし、実際、1人目帝王切開だった姉が
    どうしても、2人目自然分娩にこだわり、お世話になろうとしていたんですが・・・
    地元でしかわからない、いろんな評判もあったりしてv-390結局断念。
    出産って、やっぱりすごくムズカシイことだなあと思います。

    涙腺崩壊中は私も!
    小児科にある「おじいちゃんがオバケになったわけ」という絵本を読んで、毎回泣いている私です。

  • 2010/09/30 (Thu) 09:42
    lmoon #- - URL
    Re: とびはねぎさんへ

    とびはねぎさんだぁ~
    ようこそ!
    とびはねぎさんも酒井さんの絵本紹介してましたものね。
    おじいちゃんがオバケに....これ!興味あります。
    涙腺は年と共に?大出血サービスですね。

    お姉様が...
    > どうしても、2人目自然分娩にこだわり、お世話になろうとしていたんですが・・・
    > 地元でしかわからない、いろんな評判もあったりしてv-390結局断念。
    > 出産って、やっぱりすごくムズカシイことだなあと思います。

    そうですね~。
    私が産んだところは都内でしたから
    こんなワイルドな体験をすることはなかったですね。
    でも妊婦と産院の相性が(もちろん評判も)ありますからね。
    産みたいと望んでも産院(助産婦さんなど)との相性が合わなくて断念する人もいましたから。

    とてもデリケートで難しい問題ですけど、こういう映画をあの女性監督が撮ったというのは
    ある意味革命かも?と思ってます。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。