きかんしゃトーマスでパズル大好き!

パズル1-1

息子が初めて体験したパズルはこちらの

くま1

つまみの付いた木製のくまさんのパズルでした。

次は以前紹介したKAWAI河合楽器ボックス型パズルになり、さらにステップアップしたのは近くの書店でも簡単に手に入った アポロ社きかんしゃトーマスピクチュアパズルでした。

初級の10ピースは3才からとなっているのですが、我が家はもう少し早い時期からこのトーマスのパズルを徐々にステップアップしてトライしてきました。

ぱずる2

息子のトーマス好きは筋金入りですから、このシリーズの63ピースを完成させるようになるのにそう時間はかかりませんでした。
なんでかと言うと・・・・

それは大好きなトーマスだから。

キャラクターマジック、ですね。

キャラクターものなんて子供が出来たって絶対与えないわ!
なんて独身時代は思ってましたが、いざ子供が出来てみると変わるものですね~。


息子のパズル好きはこのトーマスのパズルのおかげです。
他にも地図のパズルなども経験しましたが、その後パズル選びが停滞しています。

いったい何でかといいますと? 
私が見かけるパズルはほとんどがボードのないタイプで これは子供にとったらやりずらいんじゃないのかな~?と思うことです。

これはいいな~、と思ってもボードがないと、はじっこを先にはめる楽しみがなくなっちゃう気がするんですが、そう思うのは私だけでしょうか?




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する