スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百玉そろばん・数を数える道具 

そろばん

お風呂に入りながら、もう出たいと言う我が子に、
「あと30数えたら出ていいよ~^^」
なんて言って子供と一緒にカウントして自然に覚えさせる、
というのはどの家庭でもやることですよね。

こちらは百玉そろばんといわれているもので、赤と黄色の100個の玉が並ぶ木製のそろばんです。

これが我が家に来たのは2才位の時のプレゼントでしたが、
ほとんど飾り、と言っていいほどインテリアに馴染んでおりました。

そろばん2

5個までの色分け、斜めの角度。大きさ。

そろばんのいい点はブロックのようにバラバラにならず、
おはじきのように細かすぎない、などいい点がたくさんあります。
他のメーカーでもこの手のそろばんは各種出していますが
(プラスチック製やもっと多色使いの物など)
私的にはこれが一番かな~?と思います。

前回のしちだプリントBかずでどうしてもわからない時、
そろばんでやってみると不思議と出来たりします。

いーち、にーぃ、さぁーん と数えながら

人差し指で玉を横にスライドさせるだけです。
数を分ける問題で解らない時はそろばんを使ってごらんと言います。


我が家は決して何が何でも早期教育、という考えは持っていません。
ただ子供を観察していると、この5才位の時期ってけっこう大事なんじゃないか?
と思ったりします。吸収力もハンパないです。

大好きなDVDなどを見て、あっという間に覚えている、
なんていうのは大人には出来ない事ですものね。

そろばん3





トモエそろばん アバカス100 (ABA100C) 児童用100玉そろばん【算盤】


アバカス100amazon店

我が家のはTOSS 100だまそろばん算数セットというもので、
問題集や手提げなどがセットのものでした。

下のアドレスで今販売している商品の詳細があります。ほぼ同じもののようです。

東京教育技術研究所
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。